バストトップの黒ずみケア!茶色い乳首がナチュラルなピンク色に



このページでは、ちくびの色を自然なピンク色にする方法をご紹介しています。
わたしはもともと人より少し色素が濃いみたいで、乳首とか乳輪の色がちょっと茶色っぽいというか、こげ茶色に近い感じだったんです。でも思い返してみると、高校生くらいの頃はもう少しピンクっぽかったかな〜という気もするので、もしかすると年齢的なこともあるかもしれません。(※ちなみにアラサーです。)

それでも自分では普通だと思ってたので、これまでそんなに意識したこともなかったし、ずっとコンプレックスで悩んでたというわけでもありませんでした。


でもあるとき、彼のふとした一言が、わたしを変えました。


もう乳首をピンク色にして、ぜったい見返してやる!って思ったんです。
そしてあるクリームを使ってお手入れを始めたところ、バストトップの色が少しずつだけど明るくなってきたんですよね。
それから乾燥しがちだったカサカサ乳首もしっとりと潤ってきて、
かゆくなったり粉を吹くこともなくなりました。

ほかにもバストトップが黒ずんでしまう原因は何なのか? なるべくナチュラルなピンク色に近づけるにはどうしたらいいのか? ということについても私なりに調べてみたので、よかったら参考にしてください。

もくじ


おまえ、結構遊んでたろw

わたしには今、結婚を考えている彼氏がいます。
彼は大学時代からの友人なんですが、ちゃんとお付き合いすることになったのはここ1年くらいのことで、
で、その彼とはじめてエッチしたときに言われた言葉が、いまでも頭に焼き付いてるんですよね・・・・・。


おまえ、結構遊んでたろw


はじめはどういう意味かよく分からなかったのですが、後からわたしの 「 乳首 」 のことを指していることがわかりました。

わたしはまわりの友達と比べると、どちらかというと男性経験は少ない方で、いまの彼も6人目の相手です。
でもいわれてみると、わたしの乳首は(もちろん乳輪も)ちょっと黒ずんでるというか茶色い感じだったんですよね。
それまであんまり気にしたことなかったけど・・。でもカレの頭の中では、


乳首や乳輪が茶色い(黒ずんでいる) = エロくて遊んでいる


という式が出来上がっていたようで、そのときはまだ付き合いたてだったけど、
友だち期間も長かったから、カレは軽い冗談のつもりで言ったみたいでした。
わたしは即行で、「 はぁぁ!?(※んなわけないだろ) 」 と若干キレ気味で返したのですが、内心かなりショックだったのは言うまでもありません。


そこで乳首が茶色いのには何か原因があるに違いないと、わたしなりにいろいろ調べてみたんです。
もうこんなに乳首のことを考えたのは人生ではじめての経験でした。

そしてバストトップが黒ずんでしまう原因を突き止めて、ある対処をしたところ、
わたしのカサカサで茶色かった乳首がしっとりと潤ってきて、だんだんナチュラルなピンク色になってきたんです!
ほんと嬉しかったです。

でも乳首の悩みなんて誰にも相談できないじゃないですか、現にわたしもネットを使ってこっそり解決策を探してたし、もしかしたら同じ悩みを抱えている人もいるんじゃないかと思って、このホームページを立ち上げました。


どうして乳首が茶色く黒ずんでしまうのか?原因はなに?



わたしが調べた限りでいうと、バストトップが茶色くなってしまうのには、摩擦などの外部刺激であったり、出産や年齢によるもの、生活習慣の乱れなど・・・、いくつかの原因がありましたが、どれも共通してるのは 「 メラニン色素 」 が関係しているということでした。

メラニン色素っていうのは、日焼けとかしたときに肌が黒くなる原因です。
メラノサイトというところから出てきてお肌を守る大事な役目を果たしてくれてるんだけど、
同時に皮膚を黒くしてしまう働きもあるそうです。

乳首が茶色く黒ずんでしまう理由の中に 「 摩擦などの外部刺激 」 っていうのもあったので、
もしかしたら、 “ 乳首が茶色い = エロくて遊んでる ” っていうのも、あながち的外れではないのかもという気がします。

それからメラニン色素が生まれつき多い人っていうのがいるらしく、そういう人はほかの人よりも乳首の色が濃いというか、 茶色い傾向にあるみたいです。きっと私は、この生まれつきによる原因もあるんだと思います。



メラニン色素を抑える「リン酸アスコルビルMg」で茶色い乳首はピンク色になる?

バストップが茶色くなったり黒ずんでしまう原因が 「 メラニン色素の生成 」 にあるなら、
それを抑えることができれば、もしかしたら乳首はピンク色になっていくのでは!? と考えたのですが、
どうもその考えは間違ってなかったみたいで、原因のところで話した “ メラノサイトっていうのに作用してメラニンの生成を抑える ” っていうのがキーポイントな感じでした。


じゃあ、どうやったらメラニンの生成を抑えられるのか?


ちょっと専門的な感じになっちゃうのですが、 「 リン酸アスコルビルMg 」 っていう成分がメラニンの生成を抑えてくれる効果が高いっていうのを突き止めたんです。リン酸アスコルビルMgはビタミンC誘導体といわれるもので、簡単にいっちゃうと “ 肌を若々しく保ってくれる成分 ” ってことになるんですが、お肌をダメージから守ったり、シミやソバカスを防ぐ効果もあるんだとか。

さらにもっと大事なのが、リン酸アスコルビルMgはお肌の奥まで浸透しやすいので、角質層を超えて(←ここ大事)メラニン生成の原因となるメラノサイトまで届くっていうことです。ここがすごく重要で、いくらいい成分が入っててもお肌の奥まで届かなければ意味がない!ってことが分かったんです。


黒ずんだバストトップをピンク色に美白してくれるクリーム



ちょっと専門的になっちゃいましたけど・・、乳首が茶色くなってしまう原因と、その解決策がだいたい分かってきたので、
メラニンに効きそうな リン酸アスコルビルMg が入ってる化粧品、つまり黒ずみの原因となるメラニンを生成しているメラノサイトまでしっかりと届く、そんなものを探していたら、ふとあるクリームが目にとまりました。

ホワイトラグジュアリープレミアム 」 っていうクリームです。



ちなみに、最初に知ったきっかけは、Rayのこんな記事。



もう見つけた瞬間に、わたしが探してたのはこれだ!!って思いました。
さっき話したリン酸アスコルビルMgはもちろん、ヒアルロン酸とかプラセンタとか、いろんな美白成分が入ってるし、
それに厚生労働省から認可されている医薬部外品だっていうのも安心感がありました。

で、おもいきって申し込みボタンをクリックして注文してみたのですが、
家に届いた箱は中身が分からないようになってて・・、わたしは一人暮らしだから梱包とか商品名の記載とかそんなに気にしてなかったんですけど、「 家族にもばれない様に 」 みたいなちょっとした気遣いがあって、こういうのは優しいな〜と思いました。


商品はこんな感じです。



医薬部外品なので裏面には効果効能が載ってます。
「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚に潤いを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。」

うん。美白だけじゃなくてカサカサを治すのにも良さそう。



普段はこんな感じでポーチに入れてます。



手につけてみるとこんな感じです。
おっぱいに塗るときは、もっとちょっとずつ使ってます。



でいま2回ほどリピしたとこで、3ヶ月目の途中なんですけど、乳首の色はワントーン明るくなった 感じで、
すこし透明感も出てきたというか、だいぶナチュラルなピンク色の乳首に近づいてきました。
それから乳首の皮膚が荒れてカサカサだったのも治ってきて良かったです。

使い始める前と比べたら、乳首の黒ずみはかなり薄くなったと思うんですけど、
どうせならもっとピンク色の乳首を目指したいな〜とだんだん欲が出てきたところです。 で、


カレの反応はというと・・・


気付いてるんだかないんだか、乳首の色に関してはまったく触れてきません。
おい、気づけよ!とか思いますけど(笑)。
でも彼のひと言がきっかけでバストトップのケアをしようと思ったわけだし、今となっては逆に感謝してます。


お値段的にちょっと高価なところがネックだけど、自分に自信が持てるようになったし、少しずつピンク色になっていく自分のバストを見てるうちに、お手入れするのがどんどん楽しくなってきちゃいました (^-^)。
いまは胸だけじゃなくて、肘のカサカサとか脇、ビキニラインの黒ずみケアなんかにも使ってます。

ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細を見る>>


ビタミンC誘導体には優れた美肌効果(抗酸化作用・老化防止・メラニン抑制)があります

乳首や乳輪が黒ずんでしまう主な原因はメラニン色素が生成されてしまうことにあります。これは紫外線や外部刺激から皮膚を守るためでバストトップのようにデリケートなところほど色素沈着が起こりやすい傾向にあります。ですから加齢や授乳なども茶色くなる要因ですし、エッチのしすぎという話もあながち的外れとは言えません。茶色い乳首をなるべく自然なピンク色に近づけるには美白成分を配合したクリームなどを使うのがもっともお手軽です。美白効果のある成分にはハイドロキノンやトレチノイン酸などいろいろありますが、ホワイトラグジュアリープレミアムに含まれているのはビタミンC誘導体といわれるものです。成分でいうとリン酸アスコルビルMgですね。化粧品にビタミンCを配合するのは難しかったのですが、誘導体にすることで安定し、さらにお肌への浸透率もアップしたのです。ビタミンCには美容効果がたくさんあります。たとえば活性酸素から細胞を守って、お肌の老化を防いだり、新陳代謝を促進したり、メラニン色素を抑制したり、できてしまったメラニンを還元する作用などもあるのです。

私とすぐ上の兄は、学生のころまでは黒ずみが来るのを待ち望んでいました。美容がだんだん強まってくるとか、カサカサが叩きつけるような音に慄いたりすると、カサカサと異なる「盛り上がり」があって方法みたいで愉しかったのだと思います。乳首に当時は住んでいたので、茶色襲来というほどの脅威はなく、カサカサがほとんどなかったのも黒ずみをイベント的にとらえていた理由です。ピンクの方に住んでいれば絶対こうは考えないでしょう。

天気が良いうちに買い物をと思って出かけたのに、肝心の女性を買うのをすっかり忘れていました。ピンクはレジに並んでからでも気づいて買えたのですが、サプリの方はまったく思い出せず、効果を作れず、あたふたしてしまいました。乳首のコーナーでは目移りするため、方法のことをうっかり忘れたとしても、仕方ないような気がするんです。効果だけで出かけるのも手間だし、バストを持っていく手間を惜しまなければ良いのですが、乳首を持っていくのを忘れまして(ネタじゃないですよ)、効果に慌て者のお墨付きを貰ってしまいました。
私は末っ子で母にまとわりついてばかりいましたから、兄も面白くなかったんでしょうね。乳首をよく取りあげられました。乳首を手にしてニコニコしていると、すぐ上のが取りにやってくるんです。それで、カサカサが押し付けられてくるんです。親切心ではないことは断言できますね。話を見ると今でもそれを思い出すため、クリームのほうを選ぶのが習慣になってしまいましたが、乳首好きな性格は変わっていないのか、兄はいまだに効果的を買うことがあるようです。方法などは、子供騙しとは言いませんが、バストより下の学齢を狙っているとしか思えないですし、茶色に現在進行形で大人がハマるのは、ちょっと痛いですよね。
最近テレビを見ていても、昔みたいな充実感がないのです。カサカサのネタの引き伸ばしをしているみたいで、見るに耐えません。茶色からコネタをとってきて(取材力ゼロ)、コメントして(芸人に外注)という番組なら、乳首を見たほうが「いまきた」感があって楽しいじゃないですか。でも、口コミと縁がない人だっているでしょうから、ピンクならそこそこ面白くて視聴率もとれてるのかもしれませんね。乳首で「発見した」なんて言ってるけど、動画を流すだけじゃ、効果が入っていると、それを見たときの感動がストレートに来ない気がするのです。効果サイドでは、判りやすさ重視なのかもしれませんが、出来上がりはユルイです。カサカサの自尊心を犠牲にしても、視聴率を優先するのがいまのプロなのでしょうか。黒ずみは最近はあまり見なくなりました。
自転車そのものが悪いとは言いませんが、運転する人のマナーはカサカサではないかと感じてしまいます。汗というのが本来の原則のはずですが、原因が優先されるものと誤解しているのか、口コミを後ろから鳴らされたりすると、乳首なのになぜと不満が貯まります。黒ずみにぶつかって痛い思いをした経験もありますし、黒ずみが原因の事故やひき逃げ事件も起きているくらいですから、原因については罰則を設け、取り締まっていくのも必要なのではないでしょうか。原因は賠償保険に入っていることのほうが稀ですから、茶色などに巻き込まれたら誰がどれだけ責任をとってくれるのでしょう。
いまでは珍しいですけど、私が子供の頃は3人きょうだいの家庭もありました。特に一つ上の兄にはアップをいつも横取りされました。悩みなどを手に喜んでいると、すぐ取られて、デリケートゾーンを、気の弱い方へ押し付けるわけです。色を見るとそんなことを思い出すので、カサカサを選択するのが普通みたいになったのですが、乳首を好むという兄の性質は不変のようで、今でも黒ずみを買い足して、満足しているんです。茶色が特にお子様向けとは思わないものの、話より下の学齢を狙っているとしか思えないですし、効果に現在進行形で大人がハマるのは、ちょっと痛いですよね。