バストトップの黒ずみケア!茶色い乳首がナチュラルなピンク色に



このページでは、ちくびの色を自然なピンク色にする方法をご紹介しています。
わたしはもともと人より少し色素が濃いみたいで、乳首の色もちょっと茶色っぽい感じだったんです。 っていうか自分ではそれが普通だと思ってたので、これまで変だと思ったこともなかったし、ずっとコンプレックスで悩んでたというわけでもありません。

でもあるとき、彼のふとした一言が、わたしを変えました。

そしてあるクリームを使ってお手入れを始めたところ、乳首の色がだんだん明るくなってきたんです!
バストトップが黒ずんでしまう原因は何なのか? なるべくナチュラルなピンク色に近づけるにはどうしたらいいのか? ということについても私なりに調べてみたので、よかったら参考にしてください。


ちなみに私の場合、お手入れ開始前は左から2番目くらいだったんですけど、いまは真ん中くらいの色になりました。
濃い茶色 → 薄い茶色って感じです。もっとピンク色にするぞ〜


もくじ


おまえ、結構遊んでたろw

わたしには今、結婚を考えている彼氏がいます。
彼とは大学時代からの友人で、付き合いだしてから1年くらいになるのですが、
その彼とはじめてエッチしたときに言われた言葉が・・・・・、いまでも頭に焼き付いてます。


おまえ、結構遊んでたろw


はじめはどういう意味かよく分からなかったのですが、後からわたしの 「 乳首 」 のことを指していることがわかりました。

わたしはまわりの友達と比べると、どちらかというと男性経験は少ない方で、いまの彼も4人目の相手です。
でもいわれてみると、わたしの乳首はちょっと黒ずんでるというか茶色い感じだったんですよね。
それまであんまり気にしたことなかったけど・・。でもカレの頭の中では、

乳首が茶色い(黒い) = エロくて遊んでいる

という式が出来上がっていたようで、そのときはまだ付き合いたてだったけど、
友だち期間も長かったから、カレは軽い冗談のつもりで言ったみたいでした。
わたしは即行で、「 はぁぁ!?(※んなわけないだろ) 」 と若干キレ気味で返したのですが、内心かなりショックだったのは言うまでもありません。


そこで乳首が茶色いのには何か原因があるに違いないと、わたしなりにいろいろ調べてみたんです。
もうこんなに乳首のことを考えたのは人生ではじめての経験でした(笑)

そしてバストトップが黒ずんでしまう原因を突き止めて、ある対処をしたところ、
わたしのカサカサで茶色かった乳首がしっとりと潤ってきて、だんだんナチュラルなピンク色になってきたんです!
ほんと嬉しかったです。

でも乳首の悩みなんて誰にも相談できないじゃないですか、現にわたしもネットを使ってこっそり解決策を探してたし、もしかしたら同じ悩みを抱えている人もいるんじゃないかと思って、このホームページを立ち上げました。


どうして乳首が茶色く黒ずんでしまうのか?原因はなに?



わたしが調べた限りでいうと、バストトップが茶色くなってしまうのには、摩擦などの外部刺激であったり、出産や年齢によるもの、生活習慣の乱れなど・・・、いくつかの原因がありましたが、どれも共通してるのは 「 メラニン色素 」 が関係しているということでした。

メラニン色素っていうのは、日焼けとかしたときに肌が黒くなる原因です。
メラノサイトというところから出てきてお肌を守る大事な役目を果たしてくれてるんだけど、
同時に皮膚を黒くしてしまう働きもあるそうです。

乳首が茶色く黒ずんでしまう理由の中に 「 摩擦などの外部刺激 」 っていうのもあったので、
もしかしたら、 “ 乳首が茶色い = エロくて遊んでる ” っていうのも、もしかするとあながち的外れではないのかもですw

それからメラニン色素が生まれつき多い人っていうのがいるらしく、そういう人はほかの人よりも乳首の色が濃いというか、 茶色い傾向にあるみたいです。きっと私は、この生まれつきによる原因が一番大きかったかも知れません。



メラニン色素を抑える「リン酸アスコルビルMg」で茶色い乳首はピンク色になる?

バストップが茶色くなったり黒ずんでしまう原因が 「 メラニン色素の生成 」 にあるなら、
それを抑えることができれば、もしかしたら乳首はピンク色になっていくのでは!? と考えたのですが、
どうもその考えは間違ってなかったみたいで、原因のところで話した “ メラノサイトっていうのに作用してメラニンの生成を抑える ” っていうのがキーポイントな感じでした。


じゃあ、どうやったらメラニンの生成を抑えられるのか?


ちょっと専門的な感じになっちゃうのですが、 「 リン酸アスコルビルMg 」 っていう成分がメラニンの生成を抑えてくれる効果が高いっていうのを突き止めたんです。リン酸アスコルビルMgはビタミンC誘導体といわれるもので、簡単にいっちゃうと “ 肌を若々しく保ってくれる成分 ” ってことになるんですが、お肌をダメージから守ったり、シミやソバカスを防ぐ効果もあるんだとか。

さらにもっと大事なのが、リン酸アスコルビルMgはお肌の奥まで浸透しやすいので、角質層を超えて(←ここ大事)メラニン生成の原因となるメラノサイトまで届くっていうことです。ここがすごく重要で、いくらいい成分が入っててもお肌の奥まで届かなければ意味がない!ってことが分かったんです。


黒ずんだバストトップをピンク色に美白してくれるクリーム



ちょっと専門的になっちゃいましたけど・・、乳首が茶色くなってしまう原因と、その解決策がだいたい分かってきたので、
メラニンに効きそうな リン酸アスコルビルMg が入ってる化粧品、つまり黒ずみの原因となるメラニンを生成しているメラノサイトまでしっかりと届く、そんなものを探していたら、ふとあるクリームが目にとまりました。

ホワイトラグジュアリープレミアム 」 っていうクリームです。


ちなみに、最初に知ったきっかけは、Rayのこんな記事。



もう見つけた瞬間に、わたしが探してたのはこれだ!!って思いました(笑)。
さっき話したリン酸アスコルビルMgはもちろん、ヒアルロン酸とかプラセンタとか、いろんな美白成分が入ってるし、
それに厚生労働省から認可されている医薬部外品だっていうのも安心感がありました。

で、おもいきって申し込みボタンをクリックして注文してみたのですが、
家に届いた箱は中身が分からないようになってて・・、わたしは一人暮らしだから梱包とか商品名の記載とかそんなに気にしてなかったんですけど、「 家族にもばれない様に 」 みたいなちょっとした気遣いがあって、こういうのは優しいな〜と思いました。


商品はこんな感じです。



医薬部外品なので裏面には効果効能が載ってます。
「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚に潤いを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。」



普段はこんな感じでポーチに入れてます。



手につけてみるとこんな感じです。



いま2回リピしたとこで3ヶ月目の途中なんですけど、乳首の色はワントーン明るくなった 感じで、
結構透明感も出てきたというか、だいぶナチュラルなピンク色の乳首になってきました。
それから乳首の皮膚が荒れてカサカサだったのも治ってきて感動しています。

使い始める前と比べたらかなり黒ずみは薄くなってきたんですけど、どうせならもっとピンク色の乳首を目指したいな〜とだんだん欲が出てきたところです。 で、


カレの反応はというと・・・

気付いてるんだかないんだか、乳首に関してはまったく触れてきません。
おい、気づけよ!とか思いますけど(笑)。
でも彼のひと言がきっかけでバストトップのケアをしようと思ったわけだし、今となっては逆に感謝してます。


ちょっと高価なところがネックだけど、自分に自信が持てるようになったし、少しずつピンク色になっていく自分のバストを見てるうちに、お手入れするのがどんどん楽しくなってきちゃいました(笑)。
いま真ん中くらいなんで、もう一段右のピンク色の乳首を目指します!

ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細を見る>>